賃金

タクシードライバーはタクシー会社に雇われていますが、以前は、A型とよばれる基本給に歩合を合わせた賃金体系をとっていることがほとんどでした。
しかし、A型ではタクシーの利用客が年々少なくなっていることからタクシー会社の負担が大きく、最近ではB型と呼ばれる完全出来高制が一般的になりつつあります。
B型の完全出来高制の賃金体系は、一ヶ月の売上を元に行われます。
まず月の売上から経費等を引き、タクシー会社で設定されている歩合率を掛けた金額が給料になります。
タクシードライバーは時間外勤務の場合の場合も完全歩合制と思われている方も多いですがその場合、法律上完全歩合制は禁止されているので、常識的なタクシー会社ではまた別の賃金体系が取られていると考えていいでしょう。
タクシードライバーは、戦略もドライバー自身に委ねられることが多く、その賃金体制は人によって様々と言われています。
カリスマドライバーともなれば月収50万円以上もありえなくない話ではありますが、常識的に考えるとドライバーの平均的月収は20万円前後です。
また営業スタイル(時間)によっても利用者が大きく変動するため、夜勤の場合はマージンが低くなる傾向もあります。

完全出来高制のため、個人で戦略的営業ができるか出来ないかの能力もタクシードライバーには必要になります。
そしてそれ次第では給料に大きく響くため、全ての仕事に言えることですが、毎日が大きな勝負でもあります。
ある場所で多くのタクシーを見ることが出来るのは、そのポイントに利用客が多いことを見越してのドライバーによる戦略でもあるわけです。