タクシーに乗り込む人

タクシーの仕事内容

タクシドライバーの仕事内容は利用客を目的地まで安全に運ぶことで、朝早くからタクシー会社へ向かい、車のメンテナンス、接客のロールプレイから始まり、毎日の営業に入ります。帰社後は売上を返納し、洗車して退社となります。

Read more

賃金

タクシー会社では多種多様な営業スタイルと完全出来高制を採用している場合が多いです。平均的な金額では約20万円前後と言われ、営業戦略は個人に委ねられることが多いため、人によって給料は大きく異なります。

Read more

労働時間について

タクシー会社では日勤と隔勤務の2つの営業スタイルを採用している場合が多く、日勤ではサラリーマン同様の時間での勤務、隔勤務では丸一日働いて翌日休むというスタイルをとります。

Read more

豊富なタクシー求人

ピッタリのタクシー求人を紹介してくれるこちらで本当に自分にとって働きやすい会社を見つける事が出来ます!

自動車が普及し、遠方に向かう機会が昔に比べ多くなった現在では、様々な交通手段を利用しながら日常生活を行います。
中でも最も一般的なのは自家用車による移動でしょう。
20代の男女の普通免許取得率が80%近いところから見ても、自動車の交通手段はよく利用される一般的なものであることがうかがい知れます。
自動車を所有していない方は公共機関を利用するのが一般的です。
中でも電車はその担い手として毎日乱れないダイヤの元徹底的に管理され、人々の移動手段として用いられています。

自家用車、公共交通機関以外でも誰でも一度は利用したことがある交通手段にタクシーが挙げられるでしょう。
タクシーは公共交通機関に入るのか入らないのか今一度はっきりしていませんが、自由なルートを指定できる特徴を活かし、急いでいる時や、公共交通機関を利用できない時、緊急を要している時に非常に頼りにされます。
見知らぬ土地に出向いた際や、道が分からない時でも目的地に到着できるため、自家用車や公共交通機関が発達した現在でも一定のニーズがあります。
そんなタクシーを運転する仕事がタクシードライバーです。
タクシードライバーがどういった仕事をしているのか、その特徴からある程度推測できますが、詳しく掘り下げないと分からない求人については知らない方も多いでしょう。
実はタクシードライバーの求人は、常に募集されていて、求人数が豊富なカテゴリーの1つに属します。
というのもタクシードライバーはその性質上、常に動いている必要があります。
多くの場合、24時間を2人で回すため、単純計算で100台のタクシーを所有しているタクシー会社であれば、倍の200のタクシードライバーが必要になります。
これに休みや補員ドライバーも入れると、軽く230人程度は必要になります。

またタクシードライバーになるためには二種免許を取得している必要があり、二種免許の取得率が低いのも求人数が多いことの要因です。
つまり二種免許さえ持っていればタクシードライバーへの道は意外と広く、また比較的なりやすいとも言えるわけです。

キャリアアップを目指しているなら経理に転職を考えてみませんか?働きながら資格を取得することもできますよ。

施工管理を採用したいのであれば、こちらのサイトを活用しましょう。能力の高い人材を必ず見つけることが出来ますよ。